帰化許可後の諸手続き

帰化専門TOP >>帰化許可後の諸手続き

帰化が許可になり、日本国籍を取得した後、住所地または帰化申請時に本籍とした市町村に帰化届と身分証明書を提出することで、はじめて日本の戸籍が編成されます。
市町村によって違いはありますが、大体1週間程度かかります。

外国人登録証明書返納届とともに住所地の市町村に返納してください。

再入国許可証の交付を受けている人は、再入国許可証を管轄する地方入国管理局に郵送または持参して、返納してください。

@運転免許証
@社会保険・労働保険証  
@法人登記・不動産登記簿
@各種免許証・営業許可証  
@銀行口座・賃貸契約書等
特に帰化前の通称名と異なる姓名に変えた場合は、早く手続きをしておくことが大切です。

早めに届けて、あとトラブルの起きないように。

もちろん本人が希望する場合ですが、日本人として海外に出かける場合は、当然日本のパスポートを取得する必要があります。

ユタカ労務・行政事務所
帰化申請(大阪・神戸・明石)
TEL:078-914-6355 直通:070-5663-6355
受付: AM 8:00〜 PM 8:00 (土日祝でもOK)