帰化申請はお任せ下さい 成果報酬を原則とさせていただきます 相談無料・返 金保証・土日もOK

帰化申請10万円ポッキリ(本国からの書類の翻訳をご自分でされる場合)
土日・夜間も対応します。お得な家族割引も!

帰化申請 大阪神戸の方へ

会社員で一人だけ帰化申請のケース、母子家庭のお母さん、子供さんの帰化、
大幅に割引します。分割払いにも応じます。

両親・兄弟姉妹の消息が全く掴めず、諦めている方、いませんか?
決して諦めないでください。


メール又はFAX御相談は、24時間対応、何回でも無料です。
電話によるご相談は、8:00~21:00(日曜、祭日OK)何時でもお受けいたします。
直通携帯電話 070-5663-6355

面談も神戸市・大阪市・明石市なら電話一本ですぐに飛んでゆきます。(関西エリア)
京都~姫路辺り(関西圏内)なら、交通費はかかりません。相談料は無料です。
(遠方の時は実費交通費が必要です)

こんな経験されたことありませんか?

近く海外旅行に行くことになり、パスポート(旅券)が必要になり、領事館に駆け込んだが、「本国(韓国)に戸籍がない人には発行できない」と言われ、初めて自分が戸籍登録がなされていなかったことに気づき困った。

どうすればよいか?

 1、戸籍創設の手続き(終了まで5~6カ月掛かる)
 2.旅行に間に合わない(2か月先の旅行)
 3.臨時パスポートの交付申請

⇒解決策はこちら

在日コリアンの方、応援します

在日3世4世の方で帰化をご希望の方はとても多いです。
でも、こんな事で、お困りの方も多いのではないでしょうか。

領事館へ出向き、「出生証明書」「婚姻証明書」「親族関係証明書」等を請求する時、
本国の登録基準地(本籍)が分からず、その時点でギブアップ。

・本国に親戚も居ない、両親も亡くなったか、昔に離婚してその消息もつかめない。
・昔の住所が合併、住居表示の変更などで、正しい現住所がわからない。

ということで、やむなく諦める・・・・・

そんな方に、「別の入口から、細い糸を探り、事実にたどり着く方法」をお教えします。

時間もかかりますが、諦めずに根気良く攻めてゆけば、必ずご希望が叶えられます。

携帯電話 070-5663-6355


ご家族いっしょなら、とってもお得です

思い切って、ご家族全員で帰化しませんか?
同一世帯だけでなく、別世帯でもお得な設定料金にしています。


こんな案件でお困りでしたが、帰化できました!

1.両親が離婚し、消息がつかめない。
心当たりの市役所何軒か当たるも該当者なしの返事ばかり。
調査するうちに祖母がご健在であることがわかり、やっとそこから細い糸をつかむことができ、何とか情報を手にした。その後、無事に帰化できました。

2.国際結婚しているの両親の婚姻届が、すでに廃棄処分されていた
日本人の母と韓国人の父親をもつ方の両親の婚姻届が区役所ですでに廃棄処分されていた。
区役所の担当者は「婚姻届」は交付できないというが、粘ってお願いし、やっと「記載事項証明書」もらえた。 その後、無事に帰化できました。


帰化したことが判らない戸籍謄本にしたい人の為に

帰化した後、その事実を、戸籍謄本から、判らないようにしたい方は、中にはおられるかもしれませんね。
いやなことですが、 結婚・就職などで、戸籍謄本提出あるいは提示することを求められる機会があるかも知れませんね。

簡単です。
「転籍」という方法です。

一度入手した本籍を別の場所に変える方法。
婚姻届みたいに証人が必要だったり、夫婦二人で出向く必要もありません。
ただ、これで完全に過去を消滅させたわけではありません。
記録は残っています。(除籍簿に)
相続人になったときは、その除籍簿を入手する必要が出てきます。

◆帰化許可申請に際して必要書類の取り寄せ、翻訳

帰化許可申請に際して必要書類の取り寄せ、翻訳はすべて、当事務所にお任せ下さい。
当事務所と専属契約している、信頼できるバイリンガルが対応いたします。
料金も,料金表に掲載しているだけの料金で、別途請求することは御座いません。

◆ご自分で翻訳できるなら更にお得です

人によってはご自分やご家族で翻訳できる方もおられます。
その場合は正規の価格から5万円値引きできます。(翻訳書類の枚数が50枚程度の場合)

応援します!

外国航路の船の船員として10年の経験、その後、神戸港で港湾荷役会社で船上(海務監督)。
外国の方たちとの付き合い30年の経験から、外国の方々の気持ちも理解できます。
日本人としての資格(帰化許可)を取られる方には、心から応援してあげたい気持です。

こんな事でお悩みでは有りませんか?

私は18歳の未成年者です。
夫は日本人の成年者であり、私との間に子供がいます。
すぐに帰化したいのですができますか。
結論として、未成年者が帰化するには親(父又は母)と同時でなければできません。
ご両親と相談され、一緒に帰化申請をするか、それが不可能なら,成年に達するまで待たなければいけません。
数年前、罪を犯し(詐欺罪)執行猶予付き判決でした。
執行猶予期間も過ぎ、2年が経ちましたが、帰化申請できるでしょうか。

地方法務局担当者にお伺いしても、みなさん慎重で即OKとは言ってくれません。
帰化要件の一つに「素行条件」素行が善良であることを挙げます。

⇒詳しくはこちらへ

過去に重い交通事故を起こした事がありますが、帰化できるでしょうか?

交通事故にも重いものと軽いものがあります。

問題ありませんが、人身事故等重いもの、(飲酒運転等) 実刑に処せられた等・・・・・ はまず、帰化は認められないでしょう。

⇒詳しくはこちらへ

⇒その他、よくある質問はこちらへ
ユタカ労務・行政事務所
帰化申請(大阪・神戸・明石)
TEL:078-914-6355 直通:070-5663-6355
受付: AM 8:00〜 PM 8:00 (土日祝でもOK)